こちらのページでは新型コロナウイルス関連の当院の情報を掲載いたします。
 
現在当院では、感染対策(下記に記載)をしながらの診療を行っております。
また、状況に応じて、臨時休診診療時間の短縮予約の間隔調節を行っております。
該当日にご予約の入っている患者さんには個別にご連絡を差し上げております。
 
 
電話番号やメールアドレスが変わられた方で、当院への登録がお済みでない方は、お電話、または診察券に記載してありますメールアドレスまでお知らせください。
 
臨時休診など診療日や診療時間については、診療時間をご覧下さい。
 
4月にひきつづき、5月も臨時休診や診療時間の短縮をおこないます。

 通われている患者さんには大変ご迷惑をおかけしておりますが、どうかご理解ご協力をお願いいたします。
 
ご予約や予約の変更は、Web予約も是非ご利用ください。
 

新型コロナウイルス感染症(COVID19)対策に関するお願い

 
 
現在国内では、新型コロナウイルス感染症が広まっております。当院では院内換気に努めておりますが、感染拡大防止のため当分の間、以下のように対応させて頂きたく存じます。
 
 
 ご来院頂きましたら、受付の消毒剤にて手指消毒をしてください。
ご来院の方すべてにお願い致します。
 
患者さんは受付で歯ブラシを受け取りましたら、歯磨きコーナーで、手洗い、歯磨きを行ってください。
 
最後にリステリンでうがいをしてください。
リステリンは、現在新型コロナウイルス感染症予防に有効と考えられております。
辛みが強いと感じる場合には、水で少し薄めてください。
 
使った歯ブラシ、紙コップを持って診療椅子に移動してください。
 
 
なお、治療の際に行っていた超音波機器を用いての口腔内清掃はエアゾール感染防止のため当分控えさせて頂き、代わりに手用歯ブラシを用いての口腔内清掃を行います。患者さんには、清掃に使用した歯ブラシは差し上げます。
 
なお今後は診療前に歯磨きが出来るよう、予約の10分前のご来院をお願い致します。
 
患者さんやご家族には何かとご不便をおかけしますが、ご理解・ご協力くださいますようお願い申し上げます。
 
 
 

通院中の患者さんへ

 
いつも矯正歯科治療にご理解とご協力を頂きまして、ありがとうございます。
4月7日に安倍首相から「非常事態宣言」が出され、不要不急の外出は控えるようにという事となりました。
 
感染爆発が起きておりますアメリカの現状を鑑みますと、アメリカ矯正歯科医会では、矯正歯科医院の休診措置を行っております。
2020年3月15日付けのThe New York Timesによりますと、感染リスクの高い職業として医療従事者があげられていますが、当然といえば当然です。中でも歯科医師のリスクが看護師よりも高くなっております。
歯科治療においては、歯を削ったり、歯石を取ったりする際に、水を使いながら処置を行うため、飛沫が大変多く、その影響により感染リスクも非常に高くなってしまうからです。
現在当院では、水を使いながらの処置はなるべく控えておりますが、それでもリスクをゼロに抑えることはできません。
 
矯正歯科治療においては、医療であるので不要ではありませんが、緊急を要する処置は少なく、多くの場合は不急です。世田谷区でも感染者が増えてきております。患者さんの通院リスク等を考えますと、なるべく患者さん同士が重ならないようにアポイントの時間を変更して頂く方がよろしい場合もあります。また、経過観察期間中の患者さんや小さなお子さんの治療(第1期治療)は、アポイントの延期をお願いする場合があります。
大変ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、皆様の健康と御家族への感染予防の観点から、どうかご理解とご協力をお願い申し上げます。
 
2020年4月8日
つちや矯正歯科
院長 土屋朋未